20年もののパウンドケーキ/コメレス

  • 2017.10.30 Monday
  • 21:35
■yukabutoさま
レス遅くなりごめんなさい。
ほんとに、良かった!
追ってきて良かった!
好きで良かった!です。

■アリシマイチコさま
イチコさんに伝えたら泣いてしまうんじゃないかしら、て思ってたんです。
やっぱり泣かせてしまった!

うん。ほんとうに、夢のようでした。
生きていたら、いいことあるんだな。
一途に思い続けたら、こんなことってあるんだ!て思いました。


ひとに話せば
「へー、モリゴー、意外ですね!」と言われたり
「席、良かったんですね」とか
「ラッキーでしたね」とか言われる。
「あ、わたしもこの間、○○くんと目があったんですよー!」とか
「写真集買って握手会行ってきましたー」という人もいる。
「へー、でも森田剛ってあの人とつき合ってるんですよね?」なんて返しもあるし、
「え?ファンサ自慢?」て思われることもあるのかもしれない。

なんてゆーか。
いいんだ、わかりあえなくても。
て思っちゃう。

何度もなんども思い返す。
ストップモーションで。
長い長い一瞬。
恋焦がれた数秒。

20年近く前。
剛くんにパウンドケーキもらう夢を見た。
おかしいね、変な夢だね、て友だちと笑いあった。

夢の中で剛くんは
「いつ会えるかわからなかったから日持ちするものにしたんだ」
て言ってパウンドケーキをくれたの。

まだその夢を覚えてた。

それを受け取ったような気持ち。

ここに、わかりあえるひとがいる幸せ。
きっとみなさんにも、
こんな奇跡がきっと。

ああ、言葉がうまく、浮かばないけれど
きっと、きっと。

夢で見たこと

  • 2017.10.21 Saturday
  • 22:00

娘とVコン。

6日の横アリ初日はお友達に誘ってもらえたけれど、

私の名義では18日の1公演しかとれず、しかも天井のほうが近い席。

「(Vロードならぬ)トロッコで剛くん近くに来るといいね!」

娘が即席(?)でつくったウチワは

ダサすぎると友達に笑われたそうだ。

たしかに。

白地のウチワに黒いペンでメッセージが書かれている。

神宮寺くんのウチワなら文字パラを使うんじゃない?と思ったり。

 

ひさびさの親子参戦。

今日は仕事のことは忘れるぞ!と仕事用のiPhoneOFF

なんせ「のっぴきならない事情」と伝えているし。

 

Twitterで仲良くしていただいているうぶのりさんが

開演ギリギリまで私を待ってくださって、

同じくいつも優しいコメントをくださるかよさんをご紹介してくれた。

うぶのりさんは、私のだいじな人にすごく似ている。

メガネをかけても、かけなくても似ているし、

遅れたのは私なのに「私の席は向こうなんですけどね」「ごめんなさいね」とちゃっちゃかちゃっちゃかお世話してくださる、

その感じもそっくりで申し訳ないのに、懐かしくてすごくうれしくなってしまう。

 

Vを通じて知り合えたひとはみんな優しい。

幸せの御裾分け、を感じる。

おなかのあたりがぽうっとあったかくなる感じ。

 

2回目にしてこのツアーで最後のコンサート。

6日に来た時は、捻挫で足が浮腫んでいたので、はんぶんは座って見ていた。

ノリが悪いと思われないだろうか、と気になったけれどコンサート終了後には後ろの席の方が「どうぞ」と銀テを分けてくれた。

 

1日のほとんどを仕事に費やし、仕事は嫌いじゃないし、頑張りたいと思っているけれど

それが自分を構成するほとんどなのかといえばきっと違う。

私が私でいられるのはココがあるからで、

私の本分はこちらにあるんだ、と確認する。

なんのために働いているのか、なんのために生きているのか、

その答えを確認する。

「世界はこんなに美しい」と気づかされる。

「見上げた空 青の蒼さに少し胸が震える」感じを思い出す。

 

ここからはちょっと畳みます。

続きを読む >>

顕嵐見に大阪へ

  • 2017.10.04 Wednesday
  • 09:25

8月の末に母が怪我をしました。
仕事中に母親の携帯から電話があり、たいした用事じゃないだろう、と放っておいたけど、
もう1度かかってきたので出てみたら男性の声で
「○○さんのお嬢さん?お母さんが救急車で○○病院に搬送されました」

なんかの詐欺かと思いました。
交通事故とか事件とか、急な発作とかでもなく「転んで手首骨折」でした。
不幸中の幸い。<br />
利き手を骨折、歯を折ったり唇を切ったりで見た目はひどいし痛そうだけど、足腰や脳はなんともなかったので。

仕事仕事仕事だった日々を猛省。
歳とった親に頼っていたことを気づき、家族との時間をたいせつにしないとなーと気づきました。

そんな矢先。
家事と仕事と、迫るTOEIC。
1日24時間では足りないよー、とパニクる私に
「大阪へ行こ?」
と、娘。

「魔女の宅急便」大阪公演のチケットをことわりもなく購入してたんでした、娘。

いやいやいやいや
いけねーだろ。

土日、仕事も進めておきたいし、
退院したての母親を置いていくのも忍びない。
だいたい、Vコンや剛くんのお芝居だって遠征してないのに、なぜ阿部顕嵐見に大阪まで行かなくちゃならんのよ?!

と、ひとしきり怒ったけども
結局、娘に転売を勧めるわけにもいかず、
妹に泣きつき母を看てもらい
行きましたよ、大阪。
たぶん25年くらいぶりに。



で、楽しかった。
行ってよかった、大阪。

まず、土曜の夕方にホテルに着き、なんばへ。
沢山美味しそうなものがあるのに、
今江大地くんオススメのラーメン屋へ。
私はもう最近のJr事情に疎くなっているので、しぶしぶですよ。
<br />
でも、本当に美味しかった。
すんごい美味しかった。
そして、店長さんがファンキーエイト(? すいません、表記あってます?)を可愛がっているのが伝わり、
大阪を愛しているのも伝わり、
あったかい気持ちに。
<br />
そのあとも、たこ焼き、かき氷、焼き鳥...を食べ歩き。 
2人でひとつを半分こ。
いつまでも夜が明るくて、娘と知らない街を歩いているのが楽しくて、
「来れて良かった」
と思いました。
(あんなに怒ったのに)

翌日は、早目にホテルを出てあちこち散策しながら劇場近くへ。
「あれ? 顕嵐じゃない?」
白いシャツ着て、姿勢がいい青年がコンビニの袋下げて劇場のあるビルに入っていく。
美しい横顔。
うむ、顕嵐だねぇ。

さて「魔女宅」
ここんとこ、森田剛くんの出る、
蜷川幸雄やら寺山修司やら三島由紀夫やら...な芸術作品ばかり見てたので、ノレるか心配だったけど
良かった、顕嵐のトンボ。
ひたむきでいじらしい。

そして白羽ゆりさんのセリフ<br />
「いい?キキ、身体を壊してまでやらなきゃならない仕事なんてないのよ!」

ああ、ほんと。
ほんとうにそのとおり。

テレビで見たことがあるはずだし、
子どものためのお話なのに、涙が出てくる。
仕事を全うしたいと思うキキ。
キキのため、街のみんなのため、
「ボクが行くよ!」
と買って出るトンボ。

とても良かった、顕嵐!

良かった、大阪。
こっちにいたら終わらない仕事と母親の愚痴で滅入っていたはず。
良かった。
ときには大事。
エイッと、ちがう場所へ行くことも。

生きてます!が、捻挫しました

  • 2017.10.03 Tuesday
  • 08:36
更新したいよー、と思ってるうちに
10月!!!!!

誰も何も心配もしてないだろうけども
私は生きています。

起きたくない、と思う朝もあるし
透明になりたい、と思う日もあるし
駅のホームで「あー、このまま海に行きたい」とセンチメンタルにもなったけど、
ホームからダイブしたい!とかはなかった!

ふつーに会社に行き、“ 中の人”業務3人分くらいこなして、英語の勉強(めっちゃ初級)もやってます!

7月くらいは結構「いやいやえん」並に会社に行きたくなくなり、同僚からも心配されるほど疲弊。上司に心配されるくらい体重も落ちてきました。(たぶん、炭水化物ダイエットの成果)

産業医と面談し、カウンセラーによるカウンセリングを受けてるうちに、ますますハッキリしてきたことは

「やっぱ、病まないタイプなんだ、私」
でした。

でもまぁトンネル抜けきってはないけど。
先々週の金曜日、
打ち合わせ先のビルを探していたら
段差に気づかず脚をくじきました。

こんなに痛いんだ、てくらい
痛いし腫れてますが、
そのほかは比較的元気です。

優しさの連鎖

  • 2017.07.27 Thursday
  • 22:00
夏休みです。
娘がキントレとやら(Mr.King?)に行き、
思いがけず○○くん(すいません、名前忘れました)の紙テープが飛んできたそう。
しかも巻いたままのカタチで飛んできたらしいです。

辺りを見渡して、
そのJr.の担当のお姉さんを見つけ、
声かけてお譲りしたそう。

お姉さん、恐縮して
「半分にしましょう」
と提案してくれたそうですが、
せっかくそのカタチで手に入ったんだから、お姉さんが持っていた方がいいと思います、とまんまお渡ししたそうです。
(それでも少し切ってくれた、って言ってたかも)

私はかさ地蔵のように
「それはいいことをしましたな」
とホッコリしました。

おそらく
小さい時からVコンに連れて行き
「お嬢ちゃん、銀テ、ほら!」
と優しくされたぶん、
さらりとひとにも優しく出来たのだと思います。

と、ここまではTwitterにも同じこと書いたのですが

実は数年前
とても残念に思うことがありました。

とあるグループのコンサート。
まだ小学生だった娘の頭上に、
娘の大好きな「きいろ」が落ちてきたのです。
喜んでテープを手にすると、その端を後ろの席の、20代とおぼしきお姉さんが掴み、奪い取ろうとしました。
娘もしっかり掴んでいるけれど
お姉さんも端を離さない。
コンサート中に睨み合う。
いたたまれず
「半分にしませんか」
と伝えたものの、手ではちぎれないし、あちらもウンと言わないし、相変わらず手を離さない。

仕方なく
「お姉さんに譲ってあげなさい」
と我慢させたんでした。

なんかすごく
気分が悪かった。

「子どもに譲ってもらえませんか?」とも
「それ、うちの子が先だったじゃないですか!とも
言えなかった自分にも落ち込みました。
楽しいはずのコンサートなのに...
と残念でした。

あれから10年。
娘が
「すごく喜んでもらえた」
と嬉しそうに話してくれて
いいなぁ、と心から思いました。

ちゃんと、そっち側に立てたことが
うれしくなりました。
誰かから力づくで奪いとるような女の子にならないでくれてよかった。

Vコンで優しくしてもらったおかげだと思います。
この優しさ
連鎖していけばいいなぁ。

娘の誕生日を忘れました

  • 2017.07.20 Thursday
  • 19:35
娘の誕生日を忘れました。
最低っす。
カオリンゴ、もう17歳。
赤西仁くんの誕生日の翌日。

娘の友だちから
「おめでとう、て言ってあげて」とLINEきて気づくとゆー。
夜8時。

カオリンゴは
「お母さんらしい」と許してくれたけど。

健ちゃんの誕生日も祝わずに、
歌番組や番宣や
新しいお芝居やコンサート、新譜の予約、
ドラマのことにも触れずに
時が経って逝きました。

心をすり減らしていた気がします。
緊張が続き、体調も優れず。

産業医面談。

カウンセリング。

何もかもやれない気がして
心底つらい。

でもわたし
病まないタイプだと思う。
こんなに辛いけど
意外と倒れない。

30年ぶりに英語、始めました

  • 2017.06.26 Monday
  • 20:53
今さらだけと
娘が教えてくれた横山裕くんの
「パスポート取りたいんです」の動画にハマりました。
(YouTubeにあります)

「Is it possible to return this?」の
「possible to return this」の部分が
横山くんにはどうしても
「パスポート取りたいんです」にしか聞こえない、というもの。
私もそんなだわー。

でも、そのあと錦戸くんが
「ん?返品やな」
と分かるところがカッコイイ。

あんなに忙しくても
そんなに学校行けてなくても
ちゃんと話せるようになるんだなぁ。
インターナショナルスクールや外国人モデルの友だち作るの、イイね。
お勉強ぎらいの仁くんだって、ちゃんとグローバルに活躍してる。

さて、私。
手当り次第やってみた。
(何度も言いますが英検4級。30年英語離れ。海外旅行でも使わず、です)

■TOEICアプリ
聞くほどにオチこんだのでやめた。
日本語に訳されてもわからんかった。
タイトルか「バレンタイン」だし「義理チョコ」がどーのこーの言ってる!と聞いてみたものの、話題は「フェアトレードについて」になっとる!
「バナーの出稿、早く決定しないと!」
「代理店は動画を勧めてくるけど、静止画もしくはGIFでよくない?」みたいな会話。
テンションダダ下がりになるのでやめました。

■英検アプリ
5級はさすがにできたので
4級で自信をつけて
3級をやってみてます。
ヒマつぶしにゲームをやるくらいならこのほうが身になるだろう、くらいのノリ。


■聞き流し英語
左から日本語
右から英語が聞こえる。
「しゃぶしゃぶは好きですか?」
「わたしもニンニクは苦手です」など
つい日本語のほうを覚えてしまう。

■問題集
「7日で完成!英検3級」の問題集を娘にもらった。
1日分を2日に分けてやっている。3日頑張ると少しずつ思い出せてきて嬉しい。
2週間かけて完成。

■翻訳アプリ
英文を読んで認識されるかどうかやってみた。
とんでもない聞き違いをされて凹むが、発音チェックにいいかも。

しかしこんなでレベルで間に合うのか。
仕事できる気がしない。
ちょっとくらいbrokenでもいいから
赤西仁の英会話アプリ欲しい。

死ぬまで生きてました

  • 2017.06.19 Monday
  • 21:32
戦争に負けたんだわ。

下々の私たちの声はシカトされて
会社の公用語が英語になるのです。

噂はあったけど信じたくはなかったの。
(英検4級で止まってる)
TOEIC900点近い人も
海外赴任してた人も
「ナンセンスだよ!?」と抗ったけど
「決定事項だから死にものぐるいで頑張りなさい」と言われたのはソレよ。
「CHANGE or DIE、です」て言われたのはソレなのよ。

「出来ない理由を並べるのはやめて。どうしたら出来るようになるか考えなさい」
「2歳の子供でも話せるようになるんだからできないことはない」
うわぁあぁああああぁん!
どんな正論も聞きたくない。

この数ヶ月
私はたいそう暗かった。
JUMPのCD予約しそびれたし
小幡の兄さんと高木を見間違えるくらい疲れてた。

そこでハッと気づいた。
いつだって反動で這い上がってきたじゃないの、わたし。
もっとオチろ、じぶん。
いったん底までオチてこい、じぶん。
それで、心に決めた。

よし退職しよう。

病んでしまうくらいなら辞めよう。

Twitterで話題になった「死ぬまで生きてました」みたい。
辞めるまで働いてみよう、
辞めるまではやってみよう。
抗い続けるには確固たるポリシーが必要。
やりたくない、だけで拒み続ける人って実は莞。
精神力強くないとやれない。

私はダメ人間だから、そんな強くなれない。
ノッたほうがいいんだ。
流されたほうがいいんだ。

(次回、30年ぶりに英語はじめました、に続く)

あさみんと正木くん

  • 2017.06.16 Friday
  • 08:55
たまにはドラマの話でも。
話したいなと思ってるうち最終回ラッシュとゆー。

春ドラマ。
「ひよっこ」「リバース」「運命の人」「小さな巨人」「crisis」「あなそれ」「母になる」を見てみました。

■ひよっこ
日本人らしい良さみたいなものを再認識して目頭熱くなる。
佐藤仁美さんを見ると「仮面高校生ミラクル」を思い出す。
高ちゃんみたいな先輩いたなぁ。

■小さな巨人
香川照之がひとり歌舞伎。
全体的に水戸黄門ちっく。

■crisis
真剣に見ると滅入る。
小栗旬が小幡の兄さんに見えてくる。

上の二つ。
警察を信じられなくて辛くなる。
強姦されても逮捕できず
触ってなくても逮捕される世の中。

阿弥陀しずく先生の描いた「からっぽダンス」をやって欲しいです、警察モノ。

■あなたのことはそれほど
仲里依紗ちゃんが天才。

■母になる
道枝くんの棒読みはワザとなのよね?とザワザワしているうち終わる。
沢尻エリカと藤木直人が結婚したら生まれてきそう、道枝くん。
「そして父になる」「八日目の蝉」ほどは泣かないで済んだ。

■リバース
玉ちゃんてこんなに上手かったっけ?と驚く。
藤原竜也より引き出し多いじゃん。
あさみんの登場シーンだけ残してみたら「高校教師」のリメイク妄想がっ!


門脇麦も戸田恵梨香もすごーくいい。

■運命の人
「ラ・ラ・ランド」を「期待はずれ」と評価した後輩が「あれはジャニーズしか見ない」と言っていたので、つくづくこの子と趣味が合わないんだわ、と確信。

だって
今クールでいちばん良かったもん!

「時かけ」「Q10」みたいなタイムリープものが好き。
伏線に次ぐ伏線。これが運命というのね。
でも実際は「運命」を口にする男って気持ち悪い(ストーカーの手記や、取材文を読むとたいてい「運命」という言葉を使ってる)

玉置浩二さんや多部未華子ちゃんと出ていたあのドラマと同じスタッフだろーか。
亀ちゃん(と木村文乃ちゃん)の生真面目さが愛おしくて仕方ない。
だんだんと緊張が溶けて笑顔になっていくようすも可愛らしい。
菜々緒ちゃんと満島くんの暑苦しさもイヤじゃない。
満島くんと山Pのコンビもいい。

みんな幸せになりたくて、
他人と自分の距離の取り方がいろいろで、
なかなか器用にやれないけどマジメで、
何か信じたくて、
?いいな?いいな?にーんげん、ていいな?
な気持ちになる。

相葉ちゃんやゆっちのドラマ、見れんかった。ごめんなさい。

あぁ。そして来月からは
「ハロー張りネズミ」
「孤食ロボット」
盆と正月が一緒に来たようだ……。

毎日ダマシダマシ生きてるけど
なんとか来月まで生き延びなくては。

申込完了

  • 2017.06.12 Monday
  • 09:21
JUMPコンにVコン。
見事に学校行事や仕事と重なって……ない!
ああ、神様!
あとは当選するのみ。

今週もがんばって出社します。
丁寧に生きます。
なのでどこかに是非
私をねじ込んでください。

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM